Q&Aよくある質問
Q&Aよくある質問

埼玉の地元で相談できる行政書士を目指しております

埼玉で当行政書士事務所への質問をこちらに記載しています

埼玉で相続の知識に強い行政書士事務所をお探しでしたら、手続き実績を豊富に有する当事務所へご相談ください。
当書士事務所には実績を裏付ける技術と知識を持ったアドバイザーがおり、ご納得いただける情報をお届けし、お客様のご不安を一つひとつ丁寧に解決するためにお客様に納得いただけるまで何度でもご説明いたします。
また、埼玉にある当行政書士事務所へ寄せられるよくあるご質問をこちらに掲載しておりますので、手続きをお考えの方や当事務所にご興味のある方はこちらをご覧ください。

よくある質問

遺言を作成したいのですが

事務所では、遺言作成に関するご相談も承ります。相談者様のご意見を真摯にお伺いし、真意を汲み取りながら、遺言書の文言をお考えいたします。
遺言の方式には、主に自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言書の3種類がございます。当事務所では、トラブルの少ない公正証書遺言をおすすめしております。
また、遺言を遺されても、遺留分については返還を求められる場合もございます。遺言の内容を工夫することで、無用なトラブルを避けられる場合もございます。私どもは、専門家としてできる限りのアドバイスをさせていただき、相談者様に心から納得していただける遺言作成に努めております。

報酬はどれくらいか知りたいのですが

当事務所で承る業務の内容は、依頼人様によってまさに千差万別です。
初回のお打ち合わせ(無料)でじっくりお話をお伺いした上で、ご依頼をいただく前にいくつかのご提案とともに見積りをお出しいたします。業務の流れ、進め方、内容、見積り金額にご納得された上でご依頼いただいております。

相談や打ち合わせは事務所でしかできませんか?

原則として、事務所でのご相談・お打ち合わせをお願いしておりますが、ご希望の場合は、依頼人様のお好きな場所へ伺わせていただきます。
ご自宅や職場、喫茶店やホテルのラウンジなどへお伺いさせていただく場合も多くございます。
なお、基本的に出張費用についてはいただいておりませんが、遠隔地などの場合は、交通費などの実費を頂戴する場合がございます。あらかじめご了承ください。

司法書士と行政書士は何が違うのですか?

司法書士と行政書士を混同される方が多くいらっしゃるのですが、司法書士と行政書士はその業務内容が全く異なります。
行政書士は、県庁や市役所への許認可の申請が主な業務となりますが、司法書士は、県庁や市役所への許認可申請業務については行えません。逆に行政書士は、登記手続についての相談や代理をすることはできません。

埼玉にある当行政書士事務所は相続・遺言・ビザ申請や相続に関してお悩みの方へのご相談をお受け付けしておりますので、当事務所のご利用をご検討ください。
初めて相続・遺言・ビザ申請を行う際は何もかもが分からないことだらけで、そのまま個人の力のみでお手続きを進めてしまうと結果的に満足のいくお手続きが行えなかったり、損失を被ったりする原因になってしまいますので、当事務所では相続の手続きに関する基本的なことから、お手続きのタイミング、相続登記の代行業務に至るまで幅広いサービス内容でお客様のサポートをいたします。
埼玉にある当行政書士事務所では相続・遺言・ビザ申請に関して必要な知識を一からご説明することで疑問点を一つひとつ解決しながらサポートを進め、お客様が分からないうちに手続きが進んでしまうということはございませんので、相続・遺言・ビザ申請に関するお悩みは当事務所までお気軽にご相談ください。