BLOGブログ
BLOG

鳥山行政書士事務所 相続 ・遺産分割について

2019/02/07
ロゴ

父が亡くなり父の遺産分割について話し合いをする事になつた場合。まず相続人と相続財産の調査をして遺言書があればそれにしたがって遺産分割をします遺言書がなければ、相続人全員で遺産分割協議をして協議がまとまれば遺産分割協議書を作成します。しかし法定相続人のうち一人でも参加していない場合は遺産分割協議は無効となります。また被相続人の生まれてから亡くなるまで全ての戸籍謄本を入手して、被相続人、兄弟、子、の関係を調べて相続人関係説明図を作成します。そして遺産分割協議が成立した場合、それを証明するため「遺産分割協議書」を作成します。この書面は、法律上作成が義務付けられているわけではありませんが、銀行預金や不動産などの名義変更を行う際に必要となります。この書面には被相続人の氏名・本籍地・最後の住所・生年月日などを記載します。この遺産分割協議書には相続を放棄した相続人を含め相続人全員が確認し本人が署名し実印を押印します。