BLOGブログ
BLOGブログ

埼玉の当行政書士事務所は、親身にアドバイスをします

埼玉の当行政書士事務所は、親切・丁寧にご説明します

埼玉にある当行政書士事務所は、相続・遺言・ビザ申請をお考えで、ご自分おひとりでは不安の方に親切・丁寧にご説明し、親身になってアドバイスをいたします。
埼玉にある当行政書士事務所は、遺言書を作成したい場合や相続に限らず、様々な書類作成、手続きに関しても確かな知識を有しており、手続きに関してお客様が望む条件で手続きができるようにサポートをいたしますので、何かお困りごとがございましたら遠慮なくご相談ください。

  • ロゴ

    鳥山行政書士事務所 相続人でも相続できない場合もある?(2)

    2019/04/27
    相続人の廃除とは? 遺留分を有する推定相続人が被相続人に対して虐待をし、もしくは重大な侮辱を加えたとき、または推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所が相続権を剝奪することができます。(民法892条・893条)これを推定相続人の廃除といいます。推定相続人とは、相続が開始した場合に相続人となるべき者をいい、現在において最先順位にある相続人のことを指します。そ...
  • ロゴ

    鳥山行政書士事務所 相続人でも相続できない場合もある?(1)

    2019/04/07
    相続欠格とはどのようなものか 相続人が以下に掲げる欠格事由に該当する行為をした場合は、法律上当然に相続権を失います。(民法891条) 1  故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位の相続人を死亡するにいたらせ、または至らせようとしたために、刑に処された者 2  被相続人の殺害されたことを知っていながらこれを告発せず、または告訴しなかった者(ただし、その者に是非の弁別がないとき、また...

埼玉で相続を依頼する行政書士をお探しでしたら、ぜひ当事務所にご相談ください。
これまでに様々な依頼をこなしてまいりました当事務所は相続の手続きにあたって、お客様のお考えに合う相続手続きをご提案いたし、お客様の了承がいただけましたらお手続きを代行し、必ずお客様を通じてやり取りを行いますので、知らず知らずのうちに話が進む心配がございませんし、実績の中で培った信頼がございますので、難しい様々なご相談もスムーズに行えます。
相続に関する話は難しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、埼玉にある当行政書士事務所の書類作成や代行業務は、スタッフがしっかりと説明を行いながら作成しますので、安心してお任せください。
当事務所が行っている代行業務について、ブログでも様々なことをご紹介いたします。